ナビゲーションをスキップする

日高看護専門学校

ここから本文です。

在学生の声

 

 3年生になると、各領域別実習が始まり、毎日実習記録や学習に追われる日々を過ごしています。実習では1年生、2年生の間で学んできたことを実際の患者さんと関わることで学びを深めることができ、日々成長していることを実感しています。しかし、時には思うようにいかないことがあり、悩むことがありますが、クラスメイト同士で支え合ったり、先生からもアドバイスを頂いたりして患者さんに対してどのような関わりをすれば良いのかを常に考えながら実習に取り組んでいます。
 また、看護学生は忙しいと思われがちですが、学生交流会や学校祭、オープンキャンパスといろんな行事があり、楽しい学校生活を送っています。
  是非、日高看護専門学校で私たちと一緒に学びましょう。


  入学してから一年が経ち、学校生活にも慣れてきました。
  二年生になると、対象者の方の様々な発達段階で直面する健康問題、発達段階に応じた看護を考えたり、一年生で学んだ知識を応用したり専門的な授業も増えてきました。
  また、看護技術演習ではクラスメイトと話し合い協力し合い、対象者の安心 ・安全・安楽な看護を提供できるよう、臨地実習に向けて日々学習しています。
  コロナ禍で、たくさんの行事が中止になりましたが、看護学生として感染対策をしながら少しずつ学校行事も行えるようになりました。
  勉強も実習も充実している日高看護専門学校に入学して一緒に学びましょう。


 4月から看護学校に通い始め、最初に勉強についていけるのか、人間関係は上手くいくかなどの不安がありました。しかし、日が経つにつれ、クラスメイトとの仲も徐々に深まり、学校生活にも慣れ大変ながらも充実した生活を送れています。勉強では、友達と互いに教え合い学ぶことで、徐々に勉強に対する不安も無くなってきました。授業も分からないことがあれば先生方が丁寧に教えてくださいます。
 みんな看護師を目指すという目標は同じなので、互いに支え合い看護学生という自覚を持ち、切磋琢磨していきたいと思います。